手のかかる子ども編

ぐずりやすいという子ども

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2才の女の子のお母さんの相談

赤ちゃんの時から泣いてばかりの子でした。
今、0才の時よりは良くて、家にいるときは泣いていないときもあるのですが、実家に行っても、私の友達の家に行っても、すぐ、ちょっとしたことで泣くので、なかなか外出するのもおっくうになるし、実家に預けることもできにくいし、、、、、私が行き詰っています。

52ea94705813baa8ba79b3af3237337a_sそれは大変ですね。子どもに泣かれてばかりいることほど、つらいことはありません。

しかも、生まれたときから泣きやすいとは、本当に大変でした。よくここまで育ててきましたね。
体重も増えているし、夜は良く寝ているし、よく育っています。お母さんに拍手です。

 
不安が強くて泣きやすい子は、お母さんにとって大変です。
お子さんが泣くと、辛くなってしまいますものね。
泣きやすい子はときどきいますので、頑張ってあやしましょう。
一人では大変ですので、手伝ってくれる人が欲しいです。

泣きやすいお子さんやぐずりやすいお子さんの場合、落ち着いて機嫌のよいときに、笑う遊びをして、気持ちをゆったりリラックスさせると、泣きやぐずりが減ります。
機嫌の良いときの方が遊びやすいということもありますので、ぜひ機嫌の良いときに、笑う遊びをしてリラックスできるようにしましょう。

  • あせらず、あやす人がゆったりした気持ちであやしたいです。
  • お子さんが背をそらさないようにだっこしたいです。
  • 胸をしっかりくっつけて、大丈夫だよ、とだっこしたい。特に0才のお子さん。
  • リズミカルにトントンとあやす。
  • 好きなおもちゃや好きな歌も使いましょう。
  • 収まってきたら、遊びや好きなおもちゃに気分を切り替えていきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

お問い合わせ・ご相談はこちら